どっちの味方?

前の記事で「グレーゾン金利」がもたらした「過払い金」の話をしました。

しかし、ふと疑問に思うのは「何で今までそれがまかり通っていたのか」という事。もちろん、それが貸金業者やまた借りる方にも一般的になっていて誰もその事に気づいていなかったというのもあるでしょうし、現に法には触れていないので、どうしようも出来なかったのかもしれません。

また、それを後押ししていたものが「みなし弁済」といわれるものでした。みなし弁済とは、1983年「出資法」の金利引き下げにともなって、貸金業者が不利益にならないようにとの政治的配慮から出来た「貸金業規制法」と呼ばれる貸金業の規制等に関する法律の43条のことをいいます。これは、債権者が本来なら無効であるはずの「利息制限法」に 定められた利率を超える利息を債務者に請求し、受け取る正当な権利だと考えればわかりやすいかと思います。つまり、早い話が貸金業者は本来なら利息制限法を守らなければいけないのに、この43条さえ踏まえていれば利息制限法を超える金利を取ってもよい、ということを認めた法律なのです。
特に、過払い請求などに於いて、貸金業者は利息制限法に対してみなし弁済で対抗してきます。しかし、みなし弁済が認められる為には、様々な条件を完璧にクリアしていなければならなかったのです。このように、一体どちらの味方なのか分からないような矛盾した法律が、私たちの生活を乱していたのも事実なのです。