グレーゾーン。

債務整理の期間の話をそろそろしたいのですが、色々とその前に予備知識を入れておかなくてはなかなか話が進まないので、今しばらくおつき合いくださいね。

皆さんは「債務整理」の次に「過払い金」とか「過払い請求」なんてコトバをよく聞くようになったのではないでしょうか。「過払い金」とは、債務整理をする段階で発生する場合もあるお金で、発生すれば更なる負債の減額になるので、今や「債務整理」と「過払い金請求」は切っても切れない関係にあります。
さて、この「過払い金」一体どうやって発生するのかと言えば、高利の消費者金融業者などがいう金利に対する主張と、法律に則して本当に取ってもよい金利に生じた、ギャップが原因となります。
何故、ギャップが生じるかというと、金融消費賃貸借において、利息制限法という法律で借りたお金によって、利率の上限が決められています。10万円以下なら20%、100万以下なら18%、100万以上なら15%……といった具合。しかし、もうヒトツの法律である「出資法」の上限利率は29.2%です。ここで、利息制限法と出資法の上限利率に差が生じているのが分かりますね。なので、業者は自分の「約定利息」を出資法の29.2%を超えない程度に設定をして、債務者へお金を貸していたのです。このギャップこそが「グレーゾーン金利」と呼ばれ、過払い金を発生させる原因になりました。

今は、法改正されそのギャップは埋められたのですが、その金利で返済をして終わった人や現在進行中の人も、今の利息制限法に基づき計算し直すともしかしたら払いすぎたお金が出てくるかもしれません。