残債の返済期間

前回の記事で、「任意整理や特定調停、個人再生等は和解が成立してからが本当の戦いだ。」という話をしましたが、今回はその戦いでもある残債の返済期間についてお話します。

・任意整理の返済期間は基本3~4年間とされています。債務者の返済能力によっては5年間にされることもあるようです。

・個人再生の返済期間は基本3年間ですが、特別な事情がある場合や3年間で返済が出来ないと判断された場合は、返済期間が2年間延長されることもあります。なお、個人再生では、返済期間を3年間よりも短くすることを禁止されています。

・特定調停の場合の返済期間は原則3年間です。まれに4年間、5年間ということもあるようですが、3年以内とされるのが実情のようです。逆に言えば、残債が3年以内に返済できそうな金額でないと特定調停は出来ない、ということです。3年以内に返済が困難な場合は、任意整理などの債務整理の方法になります。

以上、それぞれの返済期間を簡単に比較し、どの方法も返済期間は3~5年間だということが分かりましたが、もちろんケースバイケースによってどの方法がベストなのかは変わってきます。それに、残債の返済期間が3年間と聞くと長いように思うかもしれませんが、残り3年間もあると考えずに、債務整理で減額された借金を3年もかけて返済できると考えるのが良いのではないでしょうか。同じ期間どうせ戦うなら、ポジティブシンキングで戦いましょう!!