債務整理のお話。

債務整理の期間の話をする前に、少しだけ前の記事で書いた債務整理の四つの方法について、お話しておこうと思います。
債務整理は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の四つの方法があります。それぞれ、債務者の状況に合わせて対応でききるようになっています。
この債務整理はあくまでも債務者の負債を少しでも軽くし、元の生活に戻ってもらう事を目的とし、最終的には負債からの解放を目指すものです。その根本的解決がなされなければ、債務整理という方法は意味を成しません。
債務整理の1つ、任意整理とは裁判所等の公的機関を通さずに、個人で行える債務整理です。しかし、任意であるが故に債権者が中々話し合いに応じてくれなかったり、下手をすると丸め込まれてなかった事になってしまったりするので、第三者として専門家に介入してもらった方がいいでしょう。その方が期間も短くなります。
二つ目の特定調停は任意整理と殆ど同じですが、任意整理のときは介入してこなかった裁判所等の公的機関が介入して債権者との調停を行うものです。ただし、債務者は裁判所に出向かねばならず、忙しくて時間がなかなか取れないという人は難しいかもしれません。
三つ目の個人再生は「民事再生」の個人版です。元々は企業の再生を促すものであったのを、個人にも適用させたのがこの制度です。しかし、色々と手続きがややこしいので、自分一人で行うのは無理だと思います。専門家の手を借りて、きちんと手続きを行う方がいいでしょう。
四つ目の自己破産は自分が保有している資産の全てを失くす代わりに全ての債務が帳消しにされる制度です。しかし、免責を受けられないと借金は無くなりません。