自己破産の期間

さて、一番最後は自己破産の期間の問題なのですが、ヒトツ疑問が……。自己破産するのに、過払い請求って出来るものなのでしょうか?調べてみると出来ない事もなさそうです。新破産法によって、財産の総額が99万円以下なら処分されないそうなので、過払い請求をして、その返ってきたお金が99万円以下ならOKという事ですよね?

旧破産法は色々と厳しかったようですが、破産者が多くなってきた今、新しい破産法によって、いくつかややこしい面も改善されたのだとか。改善されるのは悪い事ではないけれど、きっかけが破産者の増加とは何だかちょっと皮肉ですね。

で、自己破産の期間なんですが、自己破産申し立てから免責許可の決定を受けるまで、早くて3ヶ月、遅くて1年以上かかるときもあります。それは申し立てた人の債務の状況や弁護士に依頼しているかどうかでかなり違ってくるようです。

自己破産するには通常、破産手続開始決定が下りるまで、自己破産申立てから1〜2ヶ月はかかります。
しかし、東京地方裁判所などの一部の裁判所では「即日面接」という制度があり、これは自己破産申立てを行ったその日(またはその日から3日以内)に、弁護士と裁判官が面接し、「債務者が支払不能」と判断されれば、その当日のうちに破産手続開始決定が下りると言うもの。
ただし、この即日面接は「弁護士が代理人となっている場合に限る」となっているので、債務者本人が手続する場合は認められていません。ですので、手続を早く終わらせたい場合は弁護士へ依頼することを検討したほうが良いかもしれませんね。