任意整理の期間

さて、ようやく本題か、という感じですが。任意整理の期間についてのお話をしたいと思います。

前の記事で書いた通り、任意整理は裁判所を通さずに債権者と直接話し合いをする事が出来ます。が、強制力を持たないので個人で任意整理を行えば、債権者も強く出てくる事もあったりして、話はまとまらない事が殆どです。では、弁護士や司法書士の専門家に委任するという前提で、その流れを見てみたいと思います。
まず、相談窓口で方針を決め、アナタは弁護士や司法書士さんと委任契約を結びます。そして、委任された専門家は直ぐに債権者の元へ「受任通知」を発送します。その時点で、債権者は負債者への取り立てを止めなくてはなりません。と、いう事で、アナタへ債権者からの請求は一切止まります。

しかし、それで終わりじゃありません。そこから、アナタの負債総額を利息制限法に基づき引き直し計算をし、「過払い金」がないかを見ます。もし、「過払い金」が発生していたらそれを減額し、和解案を作成するのです。注意すべき点は、過払い請求には時効があるので、早めに見ておきましょう。そして、和解案を債権者に提出し話し合いをして和解が成立すれば、そこからアナタは和解案に従って3年から5年の間で返済をしていくことになります。

とは言え、任意整理はそんなに減額は望めません。あくまでも、継続して収入がある人が出来る債務整理のひとつと言えます。他の債務整理の方法に比べれば期間は短い方ですが、それでも債権者側が和解案に納得しなかったりして和解成立が遅くなる場合もあります。大体、期間としては約3ヶ月から1年ぐらいでしょう。