* You are viewing the archive for the ‘債務整理とは’ Category

債務整理のお話。

債務整理の期間の話をする前に、少しだけ前の記事で書いた債務整理の四つの方法について、お話しておこうと思います。
債務整理は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の四つの方法があります。それぞれ、債務者の状況に合わせて対応でききるようになっています。
この債務整理はあくまでも債務者の負債を少しでも軽くし、元の生活に戻ってもらう事を目的とし、最終的には負債からの解放を目指すものです。その根本的解決がなされなければ、債務整理という方法は意味を成しません。
債務整理の1つ、任意整理とは裁判所等の公的機関を通さずに、個人で行える債務整理です。しかし、任意であるが故に債権者が中々話し合いに応じてくれなかったり、下手をすると丸め込まれてなかった事になってしまったりするので、第三者として専門家に介入してもらった方がいいでしょう。その方が期間も短くなります。
二つ目の特定調停は任意整理と殆ど同じですが、任意整理のときは介入してこなかった裁判所等の公的機関が介入して債権者との調停を行うものです。ただし、債務者は裁判所に出向かねばならず、忙しくて時間がなかなか取れないという人は難しいかもしれません。
三つ目の個人再生は「民事再生」の個人版です。元々は企業の再生を促すものであったのを、個人にも適用させたのがこの制度です。しかし、色々と手続きがややこしいので、自分一人で行うのは無理だと思います。専門家の手を借りて、きちんと手続きを行う方がいいでしょう。
四つ目の自己破産は自分が保有している資産の全てを失くす代わりに全ての債務が帳消しにされる制度です。しかし、免責を受けられないと借金は無くなりません。

債務整理とは一体なんでしょう?

債務整理の期間についてのお話をする前に、そもそも債務整理とは何ぞや、という人もいるかもしれません。
最近、特に話題になっている多重債務者の問題が取り沙汰されている中、同じようによく聞く言葉となったのではないでしょうか。債務整理とは、自分の抱えている借金の整理を自分の現在の状況に応じた方法で借金を減らしたり、また払いすぎた利息を返してもらうよう請求したりする事です。
普通の債務者なら、きちんと返せる額を借り、返済計画に基づいて返済していけば何の問題もないのですが、債務整理を行わなくてはならない人たちの多くは、借金の返済に困ってしまっている人が殆どと言ってもいいでしょう。だからこその、債務整理なのです。債務整理には4つの方法があり、その人の債務の状況に合せて、選ぶ事が出来ます。また、各方法を選んで実行に移してから、解決するまでどれぐらいに期間を要するのかを考えてみたいと思います。もちろん、一刻も早く借金とは縁を切りたいでしょう。しかし、慌ててやっても上手くは行きませんし、債務の状況が自分の思っているモノと違うこともあります。まずは、相談窓口で相談をして、債務整理の方針を決めてからのお話です。

債務整理の四つの方法は、一体着手してから解決までどれぐらいの期間を要するのか、それぞれの方法を踏まえてお話しできればと思います。
そしてこれを読んで、債務整理に悩んでいる、または迷っているアナタに、少しでもお役に立てる事が出来れば本望です。